Naoto Kimura

2015.11.22

【白髪染めしたら頭皮につく”アレ”】の何故?と対処法

こんな質問を頂きました。


(メッセージいただいた方の許可を得ています)

これもあるあるですね。

はじめまして。

いつもブログ拝見しております。
素人の私でも分かりやすい解説やトナチャンネルで楽しませていただいております。

今回LINEをさせていただいたのは、白髪染めのことです。
私は最近白髪が増え始めたので、美容室で染め始めたのですが、必ずと言っていいほど頭皮や顔回りに染料が残っています。
これは白髪染めの場合は仕方ないのでしょうか?
事前にお客の私が対処できることはありますか?
あとは白髪とのうまい付き合い方も教えていただけると嬉しいです。

お忙しいと思いますが
宜しくお願い致します。
([email protected]に寄せられた質問)

結論。

あります。

白髪をきちんと染めようとした場合、きっちり一本残さず染めようと思うと、「地肌」から染める場合も多く(白髪が残ったら本末転倒)、洗い流しても「黒っぽいものが首まわりや生え際に残る」ということですね。

*流すときに”乳化”というテクニックで落とす。

美容室シャンプーの場合、そういった乳化というテクニックがあり、優しくマッサージする様にして落とすのがデフォルトかと思います。

その後、それでも落ちない場合、「リムーバー」と呼ばれるものや「石けん」などで優しく落としていく必要性があります。

*そもそも”つかない様に”クリームなども使う

生え際や首まわりなどは薬剤を弾く様にクリームを使用したりして対応をします。

まぁ、これに関しては…「幅」ですね。

地肌からきっちり白髪染まんないと意味はないのであまり額に浸潤しない様にとか、首につきすぎない予防です。

それでもやはり残る…

これはどうしても致し方ない場合がありなんとも言えません。

僕は白髪のケースにより塗り方を変えます。

「白髪の分量、生え方によって、地肌から行く場合、いかない場合などケースバイケースです。」

んでも、こめかみや表面に出てきている部分に関しては地肌から行かざるを得ません。

残しちゃったら意味がないので…

じゃあ結局どうすんの?ということで…

まとまったサイトがあったので貼っておきます。

白髪染めが皮膚に着く場合 肌を痛めずに取る方法とは?

http://hairdye-clair.jp/yogoreochi/hifunituku.html(つく理由と対処方法についてまとまった記事)

白髪染めについて知っておいて頂きたいこと

http://www.siragazome.jp/faq/case06.html(その他、白髪染めにまつわるQ&A)

この辺、ご参考いただくと良いでしょう。

基本的には新陳代謝により数日で落ちます。

が、その数日が嫌なんですよね…わかります。

*お客様側が事前にできることはないと思います。

これは施術によるコミニケーション部分があると思うので、むしろ事前に何かをしてしまうとマイナスになりがちです。

美容師さんにそういった悩みを打ち明け、メリット、デメリットを判断して施術を勧めるのが1番かと思います。

*残ったとしても決して擦ったりして無理に落とそうとしない事。

だいたい残ってしまう部分はセンシティブな箇所の事が多いです。

自宅で無理に擦ったりすると肌を痛める原因ともなります。

絶対にやめましょう。

それでも気になる場合は、上記リンクにある様に決して擦ったりせず、優しくふき取る様に…

”白髪との上手い付き合い方”

白髪はどうしても悩みますよね。わかります。僕もなんで…

・定期的に”切る”

・部分的になら日々、カラーマスカラを使ってカバー

・大体皆さん3週間〜4週間くらいのペースでそめなおし

などが多いですね。

革命的なカラー剤や、再生医療の発展などを祈るばかりです…

*僕ができる事はまずこういう声を知らせる事

全国の美容師含めた沢山の方が閲覧してくださっているこのブログ。

「こういった声」を取り上げる事で、新たな工夫や対策をみな考えてくれると思いますし、もし仮に…

「直接言えない…」

なんて方も多いと思いますのでそういった部分を汲み取ってもらえる人が増えれば幸いです。

決定的な答えを導けなくて申し訳ないのですが、現代ではこれが限界アンサーかと…

まずは知ってもらいコミニケーション解決を図る事が1番かと思います。

素敵なヘアスタイルになります様祈っています。

Category : ヘアケア