Naoto Kimura

2015.12.19

一年の思い出シリーズ。(期待通りの働き)

もう、一年を振り返り出す時期にきてますよね。

おそらく全国のヘアサロンは今日が1番ピークの忙しさになるのではないでしょうか?

ちょいちょい2015の振り返りなども。

「専属アシスタント」の変更

僕が【彼女】を専属アシスタントに選んだ理由。

http://naotokimura.tokyo/archives/9541

今年の4月にはチーム変更があり、トレードマーク化していた「A!!KA!!NE!!!」から彼女(坂本綾さん)にスイッチ。

何故スイッチしたのか?という事について触れたこの記事も沢山読んで頂けました。

「12月に照準を絞って育成していく」

この記事でも触れていますが、実際12月を迎えて一騎当千レベルでの仕事を見せてくれている「さかもっさん!」

最も成長した1人と言えるのではないでしょうか。

最初の頃とは雲泥の差。

重症

A video posted by 木村 直人 (@air_kimura) on

(カメラもまともに持てなかった。)

(木村部で初期の頃の作品。まだ片寄テクニックすらままならない)

なんか途中からいきなり、何かが見えたかの様にフィットしはじめる。

(途中から、モデル選びから何からトータルでのバランスが良くなりはじめる。この辺から特に手直しを入れる事もなくなる)

(もうスタイリストになってもいいんじゃないの…と…)

元々、作りたいビジョンが明確だった。表現の仕方を教えるだけ。

初期の頃は僕が毎回手直しを入れていつも彼女は悔しそうにしていた。

「なんで出来ないんだろう…」

そんなつぶやきを何度か聞いた。

多分、その「悔しい」という言葉をダイレクトに発する素直さだったりとか、目的のビジョン自体は明確であり、作りたい女性像とか「かっこいいってこういう事」みたいなものが元々備わっていて、それを一個一個表現してきたのだと思う。

上手くなる方程式なんて簡単で、素直に一個一個クリアすればいいだけの事。

そういう模様が見れた気がした。

僕はもっと不器用だった。

A!!KA!!NE!!!に変わるチャキチャキした働き方。

判断のスピードが速く、割と気持ちを汲み取って進めてくれるタイプ。

お客様とも気さくに話してくれながらも仕事のスピード感は落とさない。

まさに数ヶ月かけてそういったチームの根幹に関わる働きをしてくれています。

最初に…

「おぅ〜い〜。雑なんだよぉ〜!」

と皮肉っていた時が懐かしいです。

ハケ使い、ブラシ使い。

本当に曖昧で、ハケやブラシと共に身体が動く典型的力の入れ加減がわからない状態だった彼女も今ではスタイリッシュに入客。

姿勢が全く違います。

自信のない時は常に猫背気味。

今では「シュタッ!」と効果音出そうなくらい機敏に背筋が伸び、スタイリッシュに仕事をこなし、お客様を笑顔で見送る事が出来るくらいの余裕が出ています。

もちろんまだまだな部分はありますが、最も成長を見せてくれたなぁ。元々思っていた以上のラインまで成長してきたなぁ。と12月の忙しい時期を迎えて実感しています。

ちょいちょい体調を崩します

ちょいちょい体調を崩すんですよ。

多分ですが、自分の体調の変化に自覚がないんでしょうねぇ。

割とキャパオーバーの所を負けず嫌い感でカバーしようとして無理がきてしまうタイプ。

その辺は見ている人間としてのジャッジが必要な所なのかなぁ。と思っています。その辺の自己管理はこれからの課題かもしれませんね。

何にしても後10日ほど。

振り返り出して1番にこの内容が出てくるくらい思い出に残っている彼女です。

今年、駆け抜けてほしいですね。

早ければ来年、いや。。。再来年かなぁ。

スタイリスト、そしてずっと目標に掲げていた…

「ヘアメイクになる」という夢。

僕は彼女が述べた言葉を忘れていないので、デビューした時には出版社をはじめヘアメイクのチャンスが作れる様に…

自分もずっと歩んできたので自信もって紹介したいと思います。

来年からも楽しみです。

Category : コラム