Naoto Kimura

2017.6.20

粛々と自分らで作ったらええのや

なんか…w

自分の記事が引用されていたのでシェアしておきます。

こんなのも書いてましたね笑

だからこそ、「雇われ美容師」のままでも、「夢や収入」があげられるような環境をつくり、自社でも木村さんみたいに、、

「うらー!!ざけんなー!!!俺は年収1000マン付近じゃねー!」

そんなブログを書いてくれるようなスタッフを排出していかなければなりませんね!!

出典…http://www.t-okouchi.com/?p=7385

恐れいります。

そうですね。こういうのも自サロンの体制について誇らしく思えているからこその記事ですね。

親世代に人気がない職業なのかー。美容師は。

まぁ、正直、しのごの言っても現段階では仕方ないですね。そう思われても。

結局どうするのが適切なのか?

と言われたら、自分らで変えてゆく、自分の所から見直してゆけば自ずとそれは広がると信じているので、業界、職業云々抜きにして、まずは自分の所から、自分、そして働いているスタッフから自然と「働いていて幸せである」と言える様なものを作っていかねばならないんだろうなぁ。と思います。

粛々と足元からコツコツと。

20年後には親世代にも人気な職業になるといいですねぇ。

Category : キュレーション