Naoto Kimura

2018.4.8

美容室大倒産時代?!と、いうか…

基本、別にブランドを長く続ける必要はないと思っているタイプです。

さて…

美容室やエステなどの分析記事を。

大倒産時代かぁ。

と…

ん、まぁ、倒産増えるのかもですね。

増えまくれば淘汰されるわけですから、それなりなところに収束するのは当たり前ともいえますよね。

と、いうか独立しなければ本人は倒産する必要はないわけですから、今後は独立しなくてもよい道を模索するのが賢明かもですね。

どちらかというと、理解に乏しいから独立せざるを得ないのがほとんどであって、自分の思う店を個別に作れればいいだけな話ですから、会社が統括のみ担当すればいいだけなんじゃないかと。

それでいて、古風な価値観ではない若手経営者も増えている事からそういった柔軟な作り方は今後増えそうですよね。

自分もそうですが。

まぁ、個人的には美容師自体が減るのはウエルカムです。

需給の話で。

増えれば活性化するのか?というと全くされないと思っている派ですね。

環境整備とアーティスト性を大切にするヘアサロン母体が増えるといいですねぇ。

ご参考。

Category : キュレーション