Naoto Kimura

2017.9.7

根拠のない”家にいろ”はお互いを不幸にする

結婚観て色々ですよね。

これ。

面白い記事でした。

特に…

根拠のない「家にいろ」は、互いを不幸にする

 まだ女性のほうが家を背負わされることが多いのが現状。だから夫は家事に対して人ごとで、「洗濯物たたんでおいたよ」とか「ゴミ出ししておこうか?」なんていう態度になる。

 「たたんで“おいた”」「しておこうか」って、いつだって妻たちはそれらの家事を褒められることなしに、当然のようにやっているんです。なんで勝手に、補助役になってるんだろう、そっちも当事者でしょ、って思っちゃいます。

 女性に対して、ナチュラルに「家(を守り、しきること)」を求める男性は、母親が専業主婦で父親が働きに出るという家庭の人が、自分の育った環境をそのまま今の夫婦関係にも持ち込んでしまっているのかもしれません。その結果、家にいても特に何もすることがないのに家から出ることを制限されたり、飲み会にも行けなかったりする妻が生まれてしまう。

出典…http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/011100116/082300017/?ST=mobile&P=3

いやはや正に。

妻はどちらかというと何か言うこともなく、勝手にやってくれているタイプなのでむしろ申し訳ないなぁと思うこともあり、こうして女性からの意見が出る事によって認識が変わり、生活スタイルも自由に選択できる様になってくるといいですよねぇ。

面白く読ませていただきました。


“]

Category : キュレーション