Naoto Kimura

2015.5.9

何かを始めたとしても【誰よりも継続】しないと結果には繋がらない。

なんかスタッフルームでシャバ憎に喝いれてたんですよね。

何故シャバいか?

どうせやりもしないのに「僕はどうやったらもっと結果出せるのでしょうか?」みたいな事を相談してきてドヤってたんですよね。

そういう時の僕は「張本勲」です。

喝だーー!!!(カーツッ!ジャジャン)

結果が出る。どの部分を結果と言ってるのかが漠然としている時点で目的地がありません。

「まずは目的地を定めろよ」

大概、漠然と「結果」と言ってくる人の特徴としては明確な単語が出てきません。

・上手くなりたい。

・お客様に支持されたい。

・有名になりたい。

大体予想されるワードの中で「全部」みたいな価値観の人が多い様に思います。

「どこを一番に考えているの?」

まずはそこの割り切りが大事かな?と思います。

サラッと全部を捨てろ。という事ではなく、明確な優先順位をつけろ。と…

大体の場合、「他のワードも後からついてくる事が多い」と思っています。

僕の場合は「お客様に支持されたい」

それが一番のラインで何事もそこから発想されているわけなんですよね。

全くブレた事がありません。

なので割と…

「自分の事はどうでもいい」というフレーズを使う事が多く、基本裏方意識が強いわけでもあります。

まぁ、基本表に出る必要はありませんからね。。。職業的には。

でも例えばそこで「憧れ」みたいなものを取りきってしまうとそれまたつまんない感じになってしまう事であろうと思います。

なので「優先順位を明確に。人に問われたら答えられる領域で。」

そんな感じのアドバイスを。

まぁ、すなわちポリシーというものですね。

そこを感じられない場合はどこも評価されにくいのでは?なんて思っています。

「一体何がしたいのよ?実はそんなに好きでもないのでは?だったら別に転職考えてもいいと思うんだよね。時代的にも」

これは全然変な意味でなく、実質結果に繋げようと思ったら単純に…

「単に身体を動かせばよいだけ」

であり、「動かない」という事であれば簡単な話、「天職じゃないのかもよ?」なーんて思っても不思議じゃありません。

実際、僕自身もやるべき事をやったら「転職したい…」なんて思ってますし、技術的なモチベーションが下がったら終わりだ。と思っています。

したがって…

「アクションが止まるなんて事がない」

わけです。

まだモチベーションを保てているわけで。

始まってもない領域なのであれば「全然転職してもいいんじゃん?世の中そういうの普通だよ?」そんな風にも言ってしまいます。マジで変な意味ではありません。そういう風な感覚になった時に…

「いや、やっぱ僕はこれを続ける。意地でもやり遂げる。」

みたいな気概が生まれたら、必然的に一歩を踏めるのではないでしょうか?

「やったはいいけど大事なのは”人に認められるまでの継続力”」

結果に結びつけるまでに「スタートの一歩を踏む事は難しくありません。(何か取り組みを始める事。SNSでも撮影でもなんでも)」

一番難しいのは…

「続ける事」

でしかありません。

・誰も気付かない事を。

・誰に気付かれなくても。

・体力的にしんどくても。

・誰かがやっていたとしたらそれよりも更に多くを。

一番簡単な方程式は…

必ず毎日。どんな辛くても休みなくても毎日毎日。最低でも一年は続けること。

・上手くなりたければ毎日練習。

・お客様増やしたければわかってもらえるまでヘアスタイル撮影もSNSの扱いも必ず毎日。

・有名になりたい。雑誌に載りたい。そんな願望があるならそれ以上の事もやり、噂になる、作品を撮りため続け出版社の方に持ち込む。先輩でツテがあるのであれば休みだろうがなんだろうが帯同させてもらい紹介してもらう。そして更にチャンスがもらえるように自分を動かす。毎日。

誰も想像をしない事をやった。

それが伝わるまでには途方もない時間と努力、そして「継続」が必要なんですよね。

そして何故「継続」する事が大事かと言いますと…

「続けていく過程の中で自分の中に生まれるものが必ずある。それが結果論”評価に繋がる”」

という事。

結局の所…

「それが一番大事なんだよねwww」

と、シャバ憎に。

なので…

「よっ!シャバいねっっっつ!!!」

と言っておいてあげました。

まぁ、こうしてあえてコラムとして述べるのも…

「かわいがり(期待の表れ)」

というやつでして、できないだろうなぁ。と思ったらまず言いません。

キャリアを抜きにしてもその「マインド」だけは常にもつ。

維持でもやりきる気概をもつ。

そういった事を伝えられる先輩でありたいし、自分自身もそうありたいと思います。

なので…

「カーーツ!!!」

は同時に自分にも入れていきたいと。

半年後にはカメラ向けられたら堂々と笑顔で写真撮れる男に成長する事を期待しています。

あれっ?!?!

常に志が高くないと結果には繋がらない。

http://naotokimura.tokyo/archives/10346

なんか冒頭からのフレーズが酷似してるな…
これもシリーズになるのか…

シリーズ「シャバ憎」次作をお楽しみに。

Category : コラム